• ホーム
  • はげ太郎、初期脱毛に見舞われる

はげ太郎、初期脱毛に見舞われる

薬を飲む男性

ストレスや不規則な生活もAGAを進行させる原因の一部ですが、AGAの最大の原因は遺伝によるものです。
個人の力で薄毛や抜け毛のAGA治療を行うことは限界があります。
初期脱毛の段階でいかに有益なAGA治療と出会えることが、その人の人生を大きく左右することになります。

有益なAGA治療としてプロペシアの服用とハーグ療法があります。
どちらも保険が使えず、自費診療になりますので高額になります。

初期脱毛の段階に専門医に相談することが結果的に安くつくことは、AGA治療の現場では周知のことです。
AGAの面積が広ければそれだけハーグ治療でしたら、注入する薬剤も増えますし、少なからず副作用もありますので危険も増すことになります。

初期脱毛の段階では、恥ずかしいこともあり、素人の浅千恵で頭皮マッサージをやってみたり、食生活を変えてみたり、ドラッグストアで薬用シャンプーを購入して試してみたり等、簡易な民間治療を試す者が多いですが、デリケートな頭皮をさらに悪化させ、取り返しのつかない状態になってから病院へ行っても手遅れです。

日本には1200万人のAGAがいます。
そのうち600万人が何らかのケアを行っています。
初期脱毛を見つけたら、AGA専門医で治療を行うことを当然の認識としてとらえることが重要です。